2017年5月19日

ご挨拶

ご挨拶私は、毛利建築の3代目大工の毛利和彦と申します。

大工の職に携わり25年、匠の技を極めるため私の心血を注いでやってまいりました。

私の祖父が昭和23年に大工の看板を立上げ、今年で創業70周年の節目にあたります。
私はこの節目に合わせて考えていたことがあります。

まず、家づくりに対する思いをどう表現するべきか、そして、建設業界が抱えている若手育成についてどうすべきかです。

私は大工をしていますが、大工というのは家が完成するまで、一番長く現場にいます。
すなわち、全業種の職人さんを見ることができる存在です。

私は、家づくりに対する情熱は、誰にも負けない自信がありますが、その私にも負けず劣らず、熱い想いを持って仕事に取り組んでいる職人さんと出会うことができました。その熱い想いを持った仲間たちと、そして施主様とのつながりを大切にしていきたいという想いを込めて「株式会社 縁」を立ち上げました。

私達は、施主様はじめ、職人さんとの縁を大切にし、縁をいただいた施主様に真心をこめた家づくりで恩返しをさせていただきたい。
またこの縁を若手にも、縁を大切にするから人間は成長できることを伝えつなげて、私達に関わるすべての方たちに縁を感じていただけるよう、真心を込めて日々精進して参りたいと思います。

株式会社 縁 代表取締役社長 毛利和彦

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント